格安留学で知られるフィリピン英語留学について

フィリピンの英語留学は格安英語留学の代表格として、格安留学に興味をお持ちの方々にとって馴染みのある言葉だと思います。
今回の記事では、そんな格安英語留学という同じカテゴリーに存在する二つの英語留学を比較・紹介していきます。

比較

まずはポーランドとフィリピン、国単位で簡単な比較から見てみます。

🇵🇱ポーランド🇵🇭フィリピン
地理中欧 (中央ヨーロッパ)東南アジア
物価世界37位世界29位
治安世界27位世界132位
幸福度世界57位世界82位
英語力世界10位世界13位
※情報参照元
消費者物価指数ランキング海外世界治安ランキング世界幸福度ランキング世界最大の英語能力ランキング

物価や英語能力の水準など、拮抗している分野がある中、治安の面でポーランドとフィリピンでは大きな差があります。

世界最高レベルに安定したポーランドの治安

ポーランドの治安は世界最高レベルに安定していると言われています。
事実、BRITISH PEAKの留学生の多くも、その安定して良好な治安に驚く方も多く、中には日本よりも治安がいいという意見もあります。

地理的な有利はフィリピンに軍配が上がる

東南アジアに位置するフィリピンは、日本からも地理的に近い距離にあり、直行便も多く出ていることから気軽に行ける留学先の一つと言われています。
対するポーランドは中欧、つまりヨーロッパの中央に位置し、日本からは遠く離れているため、直行便の飛行機で移動しても片道で10時間以上はかかります。
地理的な部分で見ると、東南アジアに位置するフィリピンには大きな軍配が上がります。

しかし、ヨーロッパ特有の洗練された文化や生活水準を持つポーランドへの留学を、距離的な問題や移動時間のみの材料で断念するにはもったいないと考えられます。

両国の物価について

ヨーロッパの中で圧倒的に低い水準にあるポーランドの物価も、フィリピンと比べると若干高くなってしまいます。
物価ランキングも世界37位のポーランドに対し、フィリピンは世界29位に位置付けています。

留学先都市の物価は、現地の生活費を大きく左右し、留学予算が大きく変わります。

それでも前述で言及した通り、ポーランドの生活物価は、ヨーロッパの中で群を抜いて低い水準にあること、事実として他の欧米諸国と比べても生活費を大きく節約することが可能なため、欧米での英語留学を検討している方にとっては驚きの留学予算で実現が可能です。

料金の大幅改正によって実現する年間130万円以下の本格英語留学

2019.05.29

料金の大幅改正でプライベートクラス(マンツーマン)の留学を破格の留学予算で実現

2019.05.29

治安について

治安面に関して言えば、大差をもってポーランドに分配が上がります。
残念ながらフィリピンは世界でも上位に入る治安の悪さで知られ、多くの日本人留学生も何かしらの犯罪被害に遭うことが多発しています。

フィリピン留学を手がける学校やエージェントの多くは、「エリアによっては安全」といった説明・紹介がありますが、実際にフィリピン留学を経験した方々からは概ね悪い評判が多く、殺人・強盗・暴行・誘拐など凶悪な犯罪に巻き込まれる外国人も多く、留学中は入念な注意が必要です。

対するポーランドは、ヨーロッパの中でもトップレベルに安全な国として知られています。BRITISH PEAKの留学先となるポズナニ在住の留学生からも一貫して同様の意見をいただき、中には日本と同レベルに安定した治安と評する方もいます。

幸福度から見る両国の生活環境

幸福度はその生活水準と環境によって表れるランキングと言われています。
残念ながら、幸福度に関して言えば、ポーランド(世界57位)とフィリピン(世界82位)、どちらも世界的に見てあまり高い位置にはありません。

同ランキングはポーランド全体で得た情報が割り出されたランキングと考えられますが、BRITISH PEAKの留学先となるポズナニは良好な生活水準・環境を持ったポーランド有数の国と言えます。
第一にポズナニの失業率は5年間以上にかけてポーランドで最下位に位置付けています。
昨今の首都ワルシャワや古都クラクフに見られる異常な物価上昇も無く、経済成長に連れて着実にバランスよく物価が上昇している形のため、ポズナニ在住社は安定した生活環境を持っていると言われています。

また、ポズナニはポーランド最古の都市、ポーランド王国最初の首都なだけあって、ヨーロッパに見られる多くの歴史的な建築物、その美観が今でも大切に保たれ、高い文化の中で憧れのヨーロッパ生活を持つことができます。

ポーランドの休日

フィリピンにはヨーロッパ特有の歴史的な建築物などは少ないと言われていますが、昨今の経済成長で近代化が急速に進み、東京のような大都市に見られる高層ビルが多く見られるようになってきました。
また、フィリピン英語留学で有名なセブ島にはビーチを中心とした広大な自然を堪能できるのが大きな魅力と言われています。

バックパッカー視点のフィリピン

ポーランドにもビーチは存在しますが、残念ながら留学先となるポズナニには存在しません。
夏の時期などは休暇期間を利用して北部の海洋都市グダニスクへ旅行で訪れ、有名なバルト海を堪能する方もいます。
また、ポズナニから直行便で渡航できるギリシャであれば、神秘的な地中海も楽しむことができます。

両国の英語能力

第一前提として、ポーランドとフィリピンの両国はいわゆる非英語圏の国となります。
ポーランドの公用語はポーランド語で、フィリピンの公用語はフィリピン語とタガログ語です。
どちらの国も、国民の英語能力が高いことで知られ、多くの学校機関では英語で受講、学位取得なども可能です。

そんな非英語圏の国を対象とした英語ランキングで、ポーランドは世界10位、フィリピンは世界13位に位置付け、順位的にはポーランドに軍配が上がります。

フィリピンの英語水準と学習環境

フィリピンはアジア最大の英語留学の誘致国として、英語教育に大きな力を入れている国として知られています。
フィリピンにある多くの学校機関では講義を英語で受講でき、学位を取得できるところも存在します。
そんなフィリピンで最も不安材料と言われてのが、癖の強いフィリピン英語に見られる訛りアクセントです。

フィリピン英語を知る英語圏出身ネイティブスピーカーの多くは、「フィリピン英語は英語とは異なる」と言うまでに、その英語アクセントは癖が強く、実際にフィリピン英語留学を経験した多くの方もこの問題を指摘しています。
そしてフィリピン英語留学で英語を学ぶ際、英語を教える教員は殆どがフィリピン人=非ネイティブスピーカーなのも、フィリピン英語留学の学習環境が低いと言われている理由の一つです。

誤解とフィリピン人英語教員の名誉を守るためにも説明しますが、多くのフィリピン人英語教員は、英語教員となるべく必要な訓練・コースなどを受講した優秀な方が多く、アメリカやイギリスなど欧米系の大学を卒業した教員も多く存在します。
それでも非ネイティブスピーカーに英語を学ぶといった部分で、その英語学習環境が適切か否かは、その人次第となります。

ポーランドの英語水準と学習環境

ポーランドは非英語圏のヨーロッパ諸国中、英語の学習環境と水準が最も高い国の一つと評されています。
フィリピン同様、ポーランドにも多くの英語学校や学校機関でポーランド人英語教員が英語を教えるといった環境がありますが、BRITISH PEAKのように英語圏出身のネイティブスピーカーにこだわった英語学校も多く存在します。
また、ポーランド人の英語教員を採用している学校でも、上級レベルにはネイティブスピーカーのみを採用したりするところも多いことから、フィリピンとは英語学習に対する考え方が異なることがわかります。

上記で書いた通り、BRITISH PEAKの英語留学で採用する英語教員は英語圏出身のネイティブスピーカーに限定しています。(現在はアメリカ人・イギリス人・カナダ人・オーストラリア人の教員と契約を交わしています。)

最後に

留学先はその国の環境や状況など、様々な要素を比較し、検討した上で決めることをお勧めします。
BRITISH PEAKの英語留学には多くのメリットが存在すると同時に、多くのデメリットが存在します。
事実、今回の比較対象となったフィリピン英語留学と比べ、割高になることもあるため、留学予算を最重要視する方にとってはフィリピン英語留学が適してる可能性もあります。

留学は人生を大きく変える一大イベントです。
それがどんなに格安で破格な予算で実現できたとしても、実際に1年間などの長期留学となれば発生する留学費用は膨大となり、当然BRITISH PEAKのポーランド英語留学も同様です。