BRITISH PEAKの英語学習環境について

BRITISH PEAKの留学コース集中特化クラスにおける英語学習、及び学習環境に関する紹介記事となります。

成功する英語留学に必要な学習環境

多くの日本人にとって英語留学を検討する際に頭に浮かぶのはアメリカ・イギリス・カナダなど、英語留学先として人気の高い英語圏の国であったり、格安留学で有名なフィリピン・フィジーなどの東南アジア諸国といった場合が多いと思われます。

その留学目的が言語学習・習得である場合、それが英語圏・非英語圏、いずれにしても共通して成功するために必要とされる環境条件があります。

講師・教員は学習言語のネイティブスピーカーであること

その留学目的が語学習得である以上、その講師・教員は同言語を母国語として、本質的な理解と完成を兼ね備えたネイティブスピーカーであることがベストと考えられます。
アメリカやイギリスなどの英語圏の国であれば、当然ながらその留学先で英語を教える教員・講師は現地のネイティブスピーカーであることが大半のため、一つの必要とされる前提はクリアしていることを意味し、あとは学校や実際に教える講師・教員の質によってその留学品質が変わってきます。

日本人にとっても聞き慣れたフィリピンなど東南アジア諸国で実現する格安英語留学である場合、第一にそれらの国が非英語圏であることなども踏まえ、実際に英語を教える講師・教員はいわゆる非ネイティブスピーカーであることが一般的で、これは語学学習において大きなマイナスとなります。
実際に英語を教える講師・教員は英語圏の国で学位を取得した方、教員資格を所持してる方など、優秀な講師・教員が多いことは間違いないのですが、それであれば同レベルの高い英語能力を持った、同じ非ネイティブスピーカーとなる日本人講師・教員に教わるのと何ら変わりはありません。

非ネイティブスピーカーの英語講師から教わる場合、生じる問題点としては鈍った英語アクセントをはじめ、英語を母国語としないが故に生じる不自然な表現力など、いわゆる生きた英語の習得が困難と言われる部分にあります。

フィリピンやフィジーなどの非英語圏の国であっても、実際にクラスを受け持ち教える講師・教員が英語圏出身のネイティブスピーカーである場合もごく稀にあります。
豆知識として、フィリピン英語留学サービスを手がける英語学校などが英語圏出身の講師・教員を雇わず、ローカルの人材(フィリピン人・フィジー人)を講師・教員として採用する背景には、人件費の節約が大きく影響しています。格安を謳い文句にする東南アジア諸国の英語留学サービスでは、殆どの場合が現地の住民=非ネイティブスピーカーが講師・教員として採用されています。

十分なクラス時間

本格的な英語留学を考えた際、実際にクラスで行われる授業時間の総数は重要と言えます。
人気の高い英語圏の国は授業料が割高なため、留学生の予算の問題などから、週2〜3日ほどの少ない頻度でクラスを受講するといったケースをよく聞きますが、このような環境では集中的(インテンシブ)な学習環境は期待できず、1年間といった長い留学期間であっても満足のいく結果を得ることは困難と言われています。
留学期間によって異なる部分ではありますが、それでも短期間で集中的な英語学習、能力の習得を目指した場合、クラスは最低でも週4〜5日、1日の授業時間は4時間ほどが一つのボーダーと言えます。

少人数制クラス

英語学習におけるクラスは大きく3つのタイプに分けられます。

  • 多人数グループ
  • 少人数グループ
  • プライベート (マンツーマン)

多人数グループは多くの英語学校が採用している形式で、約6名〜8名ほどの生徒で構成されます。
生徒数が多いため、教員が一人一人の生徒を注意・管理することは難しく、どうしても授業はマニュアル的な進め方が一般的となってしまいます。
しかしそれでは英語レッスンのオンライン動画を見ているのと変わりはありません。

大学が提供する英語コースや、低料金設定の英語学校などでは8名以上の多人数グループレッスンを採用しているケースも多々あります。事前にクラス環境は確認する必要があります。

少人数グループは基本的に6名以下で構成されます。
多人数グループと異なり、教員が一人一人の生徒を注意・管理することが可能な人数であるため、各生徒の苦手部分なども各自ピックアップされ、堅実に英語能力を伸ばしていくことを期待できます。

BRITISH PEAKの採用している少人数クラスは最大で4名となります。

最後のプライベートはいわゆる一対一、日本で言うマンツーマン形式の授業形式を採用しているため、生徒1名が教員1名を独占的に確保できることから、周りのペースに合わせる必要性などもなく、確実な英語能力の習得を目指すことが可能です。

現在BRITISH PEAKではプライベートクラスを実施していません。
マンツーマンでの英語留学を希望される場合は1to1 BRITISH PEAKの英語学習サービスをご利用ください。

英語と触れ合う環境

留学期間中、クラス以外の日常生活にも英語能力を大きく伸ばす機会は潜んでいて、その機会を上手く活用するか否かで英語能力の習得スピードは大きく変わってきます。

英語留学である場合、この面では当然ながら英語圏の国が圧倒的に有利です。
冒頭でも述べましたが、英語圏の国では公用語が英語である以上、現地の方々はもちろんのこと、海外から留学や仕事を理由に在住している方など、英語を話すことが一般的であるため、日常生活には常に英語環境で溢れています。

これが非英語圏の国である場合、英語能力の高い国や英語話者の多い国でなければ圧倒的に不利となるどころか、日常生活でさえも困ることが出てきます。

BRITISH PEAKの留学先となるポーランドは、非英語圏の国ではあるもののヨーロッパの中でも圧倒的に英語話者が多く、英語学習も盛んな国として知られているため、日常生活では英語のみで問題なく過ごすことが可能です。
また、留学先となる都市ポズナニは、ポーランド有数の学園都市であることから世界中から多くの留学生が集い、連日多くの国際交流が開催されています。

BRITISH PEAKの英語学習環境

上記では成功する英語留学に必要な条件や環境、更にはBRITISH PEAKの環境について簡単に説明・紹介いたしました。
続けてBRITISH PEAKのポーランド英語留学における英語学習環境について改めて紹介させていただきます。

講師・教員は英語圏出身のネイティブスピーカー限定

BRITISH PEAKの英語留学はポーランドで行われますが、採用される英語教員はポーランド人ではなく、英語圏出身のネイティブスピーカーに限定しています。
多くの非英語圏の国で行われてる留学サービスでは、現地の国の教員が採用される傾向にありますが、BRITISH PEAKでは言語学習に対するポリシーから、英語を母国語として育ってきたネイティブスピーカー以外の教員は存在しません。

最大4名で構成される少人数制クラス

BRITISH PEAKの集中特化クラスは最大4名で構成される少人数クラスで行われます。
個別レッスン中心で行われるため、各生徒の目標・目的に合わせた集中的な英語学習環境を持つことが可能です。

1日4時間、週5日ペース

クラスは基本週5日(月曜日〜金曜日)、1日4時間ペースで行われます。
年間の授業時間は912時間となり、十分な学習時間を期待することができます。

祝祭日、夏・冬にある長期休暇は特別休講日となります。

クラスメイトの国籍について

多くの方からいただくお問い合わせ内容の一つに、クラスメイトが日本人であることに懸念を持たれてるものがありますが、BRITISH PEAKのクラスは基本的に個別レッスンが中心であることから、クラスメイトの国籍は学習内容や環境に支障をきたすことはないと考えています。
クラス以外の時間を日本人と過ごすか否かは生徒様の自由となるため、この部分も仮に日本人との交流時間などを控えたい方は個人の意思で調整、都合をつけていただければと思います。